「靴を修理して履く文化を創る」という理念の元に、お客様に感動して頂ける靴修理店を目指しております。お手入れや「はきにくい」靴のご相談だけでも、メンズ・レディースともに大歓迎です!

2016年08月29日

PEAL&CO

こんにちは。




今日ご紹介するのはPEAL&CO(ピール&コー)です。
















黒のパンチドキャップトウですね。





≪BEFORE≫






≪AFTER≫






レザーソールからvibram 2055 sole に貼り換えさせていただきました。






≪BEFORE≫






≪AFTER≫






修理前はふまずの部分が裂けてしまっているのがお分かりになりますでしょうか?




今回はウェルトが裂けてしまっていましたので、オールソールの他にリウェルトも行いました。









上の図がグッドイヤー製法の断面図です。



オールソールというと地面に接する底の部分を交換することですが、今回は上図の細革(ウェルト)が裂けてしまっていましたので、細革(ウェルト)も交換しました。



この作業を「リウェルト」と呼びます。




この作業は手縫いで縫い直すために費用がオールソールの費用に加えて¥10,000、お時間も1カ月程度かかりますが、一度交換しておけばまた同じ細革(ウェルト)でオールソールが可能です。





≪BEFORE≫






≪AFTER≫





リウェルトしていますので、つま先もよりシャキッとしています。




≪BEFORE≫





≪AFTER≫





カカトはゴムと革のメリハリをつけて仕上げています。




☆今回のお修理
vibram 2055 オールソール ¥10,000+税

リウェルト         ¥10,000+税






伊藤



===================================





最近ゲリラ豪雨が降る時がありますが、靴が雨に濡れてしまいませんでしたか?




革靴が雨に濡れてしまうと、いろいろなトラブルの原因となります。




トラブル① 

【スピュ】





革の表面がボコボコしている状態。



トラブル②

【塩浮き】





革の表面に汗などの塩分が浮き出ている状態。






こんな時にはクリーニングしましょう!










実は革は洗えます!





洗って革をリフレッシュし、雨で濡れてしまった靴のトラブルを解消しましょう!




クリーニング 2,500+税~




ぜひ一度ご相談ください!



  • LINEで送る

同じカテゴリー(Engrand made)の記事画像
GRENSON
HENRY MAXWELL
Alfred Sargent
GRENSON
GRENSON
GAZIANO & GIRLING
同じカテゴリー(Engrand made)の記事
 GRENSON (2017-02-14 15:00)
 HENRY MAXWELL (2016-11-21 22:00)
 Alfred Sargent (2016-07-06 13:00)
 GRENSON (2016-06-18 14:00)
 GRENSON (2016-04-18 10:00)
 GAZIANO & GIRLING (2016-04-08 10:00)

Posted by RESH 三越広島店 at 11:00│Comments(0)Engrand made
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。