「靴を修理して履く文化を創る」という理念の元に、お客様に感動して頂ける靴修理店を目指しております。お手入れや「はきにくい」靴のご相談だけでも、メンズ・レディースともに大歓迎です!

2017年09月13日

SCOTCHGRAIN

こんにちは。




今日ご紹介するのはSCOTCHGRAIN(スコッチグレイン)です。









グッドイヤー製法にこだわった日本のブランドですね!








今回はかかとをお修理させていただきました。




≪BEFORE≫


≪AFTER≫






スコッチグレインのカカトのゴムは10ミリ厚のものが付いています。
そのため、同じ10ミリ厚のビブラム#5586で交換しました。




≪BEFORE≫


≪AFTER≫






もちろん、かかと周りもインクを入れ直し、仕上げなおします。





☆今回のお修理
ビブラム#5586  ¥3,500+税





伊藤  
  • LINEで送る


Posted by RESH 三越広島店 at 14:00Comments(0)Japan made

2017年08月22日

BEAMS F

こんにちは。



今日はBEAMS F(ビームスエフ)をご紹介します。









≪BEFORE≫


≪AFTER≫





まずは爪先です。




すり減っていましたので、今回はレザーで補修しました。




≪BEFORE≫


≪AFTER≫






元々ツメコバ仕様でしたのでおなじように仕上げています。




≪BEFORE≫


≪AFTER≫





カカトはイングランドダブテイルでお修理しました。




≪BEFORE≫


≪AFTER≫







≪BEFORE≫


≪AFTER≫





ソールは全体を黒く染める、「全カラス」で仕上げました。






☆今回のお修理
爪先レザー      ¥2,200+税
イングランドダブテイル ¥4,200+税






伊藤





===========================================





RESHでは、靴を洗う「クリーニング」というメニューがございます。



「長年履いてくたびれてきたなぁ・・」


「久しぶりに履こうとしたらカビが生えてる!!」


「雨に降られて塩が吹いちゃった。」


こんなこと経験ございませんか?



こんな時には、クリーニングが効果的です。


じゃあ、クリーニングをするとどうなるか??




例えば・・・














これが



こうなったり















こういうばあいは



こうだったり












こんな状態が



と、なります。



皆様のご来店、御待ちしております。



  
  • LINEで送る


Posted by RESH 三越広島店 at 20:30Comments(0)Japan made

2017年07月20日

SCOTCHGRAIN

今日ご紹介するのはSCOTCHGRAIN(スコッチグレイン)です。



ついに梅雨も明けましたね!



雨の後にこのような状態になってしまっていませんか?



≪BEFORE≫


≪AFTER≫





爪先をよく見ると革の表面がボコボコになっています。




革の中に染み込んだ汗の水分が蒸発し、中に残った塩分が雨などにより表面に浮き出ようとして革の表面を持ち上げているため、ボコボコになります。



このような場合はクリーニングが有効です。




≪BEFORE≫


≪AFTER≫





長く履いているとどうしても履きジワがついて型崩れしてしまいますが、当店ではクリーニングの乾燥の際にシューツリーを入れて、ついてしまった履きジワをのばし、形を整えて乾燥します。




そのためシワが伸びてシャキッとします。




革の内部も靴の形もリフレッシュさせます。




☆今回のお修理
クリーニング   ¥2,500+税





伊藤  
  • LINEで送る


Posted by RESH 三越広島店 at 16:14Comments(0)Japan made

2017年07月10日

SCOTCH GRAIN

こんにちは。




今日ご紹介するのはSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)です。









元はレザーソールでしたが、穴が開いたタイミングで張り替えました。
















これで突然の雨にも滑ることなく、安心して履けますね!





☆今回のお修理


Dainite sole オールソール ¥15,000+税




伊藤





============================================








革靴が雨に濡れてしまうと、いろいろなトラブルの原因となります。




トラブル① 

【スピュ】





革の表面がボコボコしている状態。



トラブル②

【塩浮き】





革の表面に汗などの塩分が浮き出ている状態。






こんな時にはクリーニングしましょう!










実は革は洗えます!





洗って革をリフレッシュし、雨で濡れてしまった靴のトラブルを解消しましょう!




クリーニング 2,500+税~




ぜひ一度ご相談ください!






  
  • LINEで送る


Posted by RESH 三越広島店 at 16:00Comments(0)Japan made

2017年07月03日

SCOTCHGRAIN

今日ご紹介するのはSCOTCHGRAIN(スコッチグレイン)です。



雨の後にこのような状態になってしまっていませんか?



≪BEFORE≫


≪AFTER≫





爪先をよく見ると革の表面がボコボコになっています。




革の中に染み込んだ汗の水分が蒸発し、中に残った塩分が雨などにより表面に浮き出ようとして革の表面を持ち上げているため、ボコボコになります。



このような場合はクリーニングが有効です。




≪BEFORE≫


≪AFTER≫





長く履いているとどうしても履きジワがついて型崩れしてしまいますが、当店ではクリーニングの乾燥の際にシューツリーを入れて、ついてしまった履きジワをのばし、形を整えて乾燥します。




そのためシワが伸びてシャキッとします。




革の内部も靴の形もリフレッシュさせます。




☆今回のお修理
クリーニング   ¥2,500+税





伊藤  
  • LINEで送る


Posted by RESH 三越広島店 at 13:00Comments(0)Japan made

2017年06月05日

Lloyd Footware

こんにちは。



今日ご紹介するのはLloyd Footware(ロイドフットウェア)です。









英国製ですが日本のブランドです。しっかりした作りながら、コストパフォーマンスにも定評のあります。




≪BEFORE≫


≪AFTER≫





今回は国産のダブテイルを使用して交換しました。



≪BEFORE≫


≪AFTER≫





ちょうど交換のタイミングでした。エッジを出してシャキッと仕上げます。



☆今回のお修理
国産ダブテイル ¥3,500+税




伊藤






  
  • LINEで送る


Posted by RESH 三越広島店 at 16:00Comments(0)Japan made

2017年04月18日

SCOTCHGRAIN

こんにちは。




今日ご紹介するのはSCOTCHGRAIN(スコッチグレイン)です。












≪BEFORE≫


≪AFTER≫





ソールが薄くなっていましたので、ビブラム2055ソールで貼り換えました。




2055ソールは素材は合成ゴムで厚みが6ミリあり、元のスコッチグレインのラバーソールに近い厚みで交換できます。




ゴムのため、レザーソールにくらべて摩耗に強く、雨でも滑りにくい素材です。




雨でも履きたい、外回りで靴の消耗が激しい、というお客様におすすめのソールです。




≪BEFORE≫


≪AFTER≫





かかとも元と同じ高さで再現しています。



☆今回のお修理
2055オールソール ¥10,000+税






伊藤




  
  • LINEで送る


Posted by RESH 三越広島店 at 18:00Comments(0)Japan made

2017年04月12日

Schonheit

こんにちは。



今日ご紹介するのはSchonheit(ショーンハイト)です。









グッドイヤー製法にこだわった日本のブランドです。




≪BEFORE≫


≪AFTER≫





今回は滑りやすいレザーソールにハーフラバーを貼りました。






彫りが深く厚みのあるビブラム2340EXハーフラバーです。





≪BEFORE≫


≪AFTER≫





サイドから見ても違和感のない仕上がりになっています。




新年度に新しい靴を新調された方も多いのではないでしょうか?




靴や修理についてお困りのこと、ご不明な点がございましたらぜひ一度ご相談ください。




☆今回のお修理
EXハーフラバー(メンズサイズ) ¥3,200+税





伊藤

  
  • LINEで送る


Posted by RESH 三越広島店 at 14:00Comments(0)Japan made

2017年02月27日

SCOTCHGRAIN

こんにちは。




今日ご紹介するのはSCOTCHGRAIN(スコッチグレイン)です。
















シンプルなストレートチップです。






≪BEFORE≫


≪AFTER≫





爪先をよく見ると革の表面がボコボコになっています。




革の中に染み込んだ汗の水分が蒸発し、中に残った塩分が雨などにより表面に浮き出ようとして革の表面を持ち上げているため、ボコボコになります。



このような場合はクリーニングが有効です。





≪BEFORE≫


≪AFTER≫





ソールも薄くなっていましたので、ビブラム2055ソールで貼り換えました。




≪BEFORE≫


≪AFTER≫





アッパーはクリーニング、ソールはオールソールで、靴全体をリフレッシュしました!




☆今回のお修理
2055オールソール ¥10,000+税

クリーニング    ¥2,500+税





伊藤




==================================


お客様各位

価格改定のご案内
平素より弊店をご利用いただき、誠にありがとうございます。
弊社は「靴を修理して履く文化を創る」という理念の基、
創業以来、ひとりでも多くのお客様に喜んでいただけるよう、お求めやすい価格での提供に努めてまいりました。
しなしながら、原油の高騰、輸入経費の上昇などの諸事情により、原材料全般の価格が高騰している状況で、スタッフ一丸となり、諸経費の削減やコストを下げる努力を行って参りましたが、


残念ながら今後の経営を圧迫しかねない状況になっております。
誠に遺憾ではありますが、検討を重ねた結果、2017年3月1日(水)より価格を改定させていただくことになりました。

今回の価格改定に伴い、改めまして、弊店はお客様に3つの約束をさせていただきます。
・ご満足いただける仕上がりを提供します。
・わかりやすい価格でのご提案を致します。
・仕上がり日、仕上がり時間を必ず守ります。
日頃ご愛顧いただいております皆様には、大変心苦しい限りではございますが、ご賢察の上、今後とも変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。




RESH.広島店 小林・伊藤  
  • LINEで送る


Posted by RESH 三越広島店 at 17:00Comments(0)Japan made

2017年02月21日

BEAMS F

こんにちは。



今日はBEAMS F(ビームスエフ)をご紹介します。









≪BEFORE≫


≪AFTER≫





まずは爪先です。




すり減っていましたので、今回はレザーで補修しました。




≪BEFORE≫


≪AFTER≫






元々ツメコバ仕様でしたのでおなじように仕上げています。




≪BEFORE≫


≪AFTER≫





カカトはイングランドダブテイルでお修理しました。




≪BEFORE≫


≪AFTER≫







≪BEFORE≫


≪AFTER≫





ソールは全体を黒く染める、「全カラス」で仕上げました。






☆今回のお修理
爪先レザー      ¥2,200+税
イングランドダブテイル ¥4,000+税






伊藤





===========================================





RESHでは、靴を洗う「クリーニング」というメニューがございます。



「長年履いてくたびれてきたなぁ・・」


「久しぶりに履こうとしたらカビが生えてる!!」


「雨に降られて塩が吹いちゃった。」


こんなこと経験ございませんか?



こんな時には、クリーニングが効果的です。


じゃあ、クリーニングをするとどうなるか??




例えば・・・














これが



こうなったり















こういうばあいは



こうだったり












こんな状態が



と、なります。



皆様のご来店、御待ちしております。



  
  • LINEで送る


Posted by RESH 三越広島店 at 14:00Comments(0)Japan made